Censored Note

某市某病院の理学療法士ですが仕事のことは多分書かない。

落第騎士の英雄譚の視聴を義務教育に取り入れるべきである。

f:id:supersweets12:20180317222359j:plain

 毎シーズンごとに多種多様なアニメが放映されている今日、皆様はどのようなアニメを見てお過ごしだろうか
 今から遡ること約3年前、2015年秋はワンパンマン終物語おそ松さんごちうさ2期といったアニメが放映されたシーズンである。
 また、上記の作品に加え一部の層*1でムーブメントを引き起こし、今なお一部の層で冷めぬ盛り上がりをみせている機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズが放映されたシーズンでもある。

 

 一方、クソラノベアニメ愛好家*2にとっても豊作のシーズンであったことは疑う余地は無いだろう。アスタリスク対魔導学園35試験小隊、ゲッツ、新妹魔王の契約者BURST等々....各々同じような方向を向いているものもあれば、明後日の方向を向いているものも有り、しかしながら各々ある種の芯を持って突き抜けていった素晴らしい作品であることは筆舌に尽くし難い。

 

 そんな強豪犇く2015年秋に、彗星の如く到来したアニメ、落第騎士の英雄譚について、その魅力・素晴らしさを、拙い文章ながら本記事では綴りたいと思う。
 尚、多少のネタバレを含む内容となるので未視聴で真剣に内容を楽しみたい方は注意されたし。

 

落第騎士の英雄譚 概要


 

 落第騎士の英雄譚海空りくによるライトノベルであり、それを原作にしたSIlVER LINK制作によるアニメーションである。
 ライトノベル原作であり、監督・大沼心のアニメと聞けばその手の話題に詳しい人であれば心躍るものがあるだろうか。

 この作品を簡潔に説明するのであれば、「萌豚御用達ライトノベルの皮を被った少年漫画」という一文で凡そ説明がつく。
 加えて言えば、「赤髪ツンデレ炎属性ヒロイン(ちょろイン)「最弱(扱い)の主人公」「二枚目同級生」「兄マジラブな妹」己の魂を武器に変えて戦う現代の魔法使い伐刀者(ブレイザー)」「伐刀者養成学校」「伐刀者学生大会」etc...といった近年のライトノベルにおいて親の顔より見た要素9割で構成されているアニメであり、まさに近年のラノベアニメの総決算と言える作品であろう。

 

 

落第騎士の魅力


 今作の主人公・黒鉄一輝は日本一の学生騎士を決める祭典、七星剣武祭において優勝する事、そして騎士学校を卒業し魔導騎士となることを志している。

 無論その道程において幾つもの障害が立ちはだかるが、その尽くを己の刀一本で両断し突き進んでいく。そんな彼の生き様が、今作最大の魅力だ。


 上記の点に加え、ラノベアニメらしく定期的にお色気回(水着回、脱衣回、お風呂回及び全裸空等完備)が挟まっている点も一部視聴者には嬉しい点であろう。

f:id:supersweets12:20180828223717p:plain
ニュータイプ空間

 さらに言えばOPは酒井ミキオだ。

 少年漫画が如き王道展開ライトノベル的王道展開。この2つの要素が、安定した作画*3、声優陣の演技*4、センセーショナルなBGMが高い次元で調和している。加えて話のテンポも良いため視聴者を飽きさせない。


 中でも1話の流れは本当に素晴らしい。ヒロインの着替えを覗く王道のプロローグに始まり、退学を賭けての決闘。和解。そして最後に酒井ミキオによるOP。

f:id:supersweets12:20180828221616p:plain
 ↑1話ラストシーン。1つ1つは有り触れた要素でも、丁寧に調理すれば極上のエンターテイメントになることを我々に教えてくれる。

 

 

なぜ落第騎士の視聴を推すのか


 まず落第騎士の英雄譚のストーリーそのものから感じ取ることも多い。
 近年のラノベ・なろう作品では主人公が最初から無双足り得る力を持っていることが多い。具体的には異世界転生時に神様から超常的な力を授かるクソムカつく男が居たりする中、今作の主人公は完全努力型の主人公である。
 とはいっても劇中、彼は立ちはだかる障害を華麗に切り捨てていくが、その裏には血の滲むような努力があったことは本編でも語られる。

 それ自体はもちろん使い古された設定であり、主人公が努力の末強力な力を手に入れる展開は少年漫画では王道である。
 しかしそれがアニメで、かつ高クオリティに展開されることによって、1つの目標に向かってひたむきに努力する事の尊さを再認識する視聴者もきっと居るだろう。

 

 しかしこの落第騎士の英雄譚という作品はそれ以上に我々に大切なことを教えてくれる。

  前項でも触れたように、落第騎士というアニメは有り触れた要素で構成されたアニメであり、ある程度アニメの視聴経験が有る方であれば、凡そ先の展開が予想出来うるし、全12話を通して予想を超える様な展開は無いであろう。
 予想通り勝ち、予想通り挫折し、予想通り立ち直る。

 しかし、使い古され、有り触れた内容・要素の連続であっても、個々の持ち味を切り捨てることなく、丁寧に、調和を保ったまま仕上げれば何ということか、良質な1つの作品へと昇華されているではないか。

 これは・・・そう、社会にも同じことが言える。
 人は皆何らかの社会に属している。家族、学校、会社。社会を構成する人間の間には悲しきかな、必ず何らかの優劣が存在する。それが立場の優劣なのか、能力的な優劣なのかは別として、だ。
 一方で、誰1人として同じ人間は居ない。元々特別なオンリーワンである。その人間1人1人に突出した能力が無くとも、個々が別々の人間である以上、その人それぞれの特徴は必ずあるはずだ。
 その一人ひとりの特徴・持ち味を尊重し、和を保ちながらn人の集団という単位から、1つの社会という単位になったとき、それはきっと良い社会なのであろう。

 

 故に落第騎士の英雄譚の視聴を義務教育に取り入れるべきである。
 この作品は我々に努力の大切さ、そして個性を大切にし調和を保つことの大切さを教えてくれる。

 

 

 そしてあれこれ抜きにしてもこの作品は面白いので未視聴兄貴は是非視聴してほしい。ニコニコアニメチャンネルならば第1話は無料だ。

 

 

 

無冠の剣王 ?

無冠の剣王 ?

 

 

 

 

 *1某動画サイトから始まり、途端に各サイトやSNSに広まっていったのはまさにインターネッツと言えよう

*2 常人であれば発狂しかねないアニメに抗体を持つ者達。どの様なアニメでも反芻し、咀嚼することで面白さを見出し1クールを走り切る。

*3この項で但し戦闘シーンを中心に。という一文を添えておく。要は見所でかっこよければそれで良いのだ。

*4特に第4話での松岡禎丞の怪演は必聴だ。